高利回りの土地活用に隠れるワナ

マンションを選ぶ際に参考にすることは、綺麗な物件の見つけ方や立地など参考にすることが多いですが、実際に宇都宮市内の不動産屋に聞いた、少し違う観点からの選び方をこれは中古のみに使える方法なのですがその方法とは「バブル期の建物を買う」ということです。

 

なぜかというと、今建てられている建物をよく見るとわかります。効率的に作ろうとしすぎるあまり今現在の建物はデザインはいいかもしれませんが実際の素材を見てみるとギリギリの素材で作られていることが多いです。

 

しかしバブルの時代は経済の上場であり高級な建物がどんどん建てられる時代ですので、一見ボロく見えてもリノベーションをしたりした場合結局の価値は高いものになる場合もあるのです。

 

次に土地選びの思わぬ落とし穴があったりします。その落とし穴がある土地というのが田んぼの土地です。この土地を買う際何を考えなければいけないのかというと、まず1つ目は使用目的です。

 

大抵は何かを建てたりするのですが、そこで問題になるのが1つ目が田んぼを埋め立てた土地は沈みやすいということと2つ目は液状化の危険があるかもしれないという事そして3つ目が湿気が上がりやすいという事です。

 

もちろん今の技術ですとボーリングして深い地層まで調べますとわかりますが、家の場合はそこまでしませんのでその際に余計な費用がかかってしまう事が多くあります。またしっかりしていれば大丈夫という意見もありますが実際建築する側は基本的に大丈夫としか言わないところも多いと思いますので、自分でしっかりとリサーチする事が大切になってきます

 

その他にも両側や横に田んぼがあるケースが多くそこの人間関係でトラブルが起きたり、虫が通常よりも多く湧いてくる事もあります。そうなった場合、トラブルを避けるための壁を作る事が必要になってきます。

 

これらの問題点から田んぼの土地、または跡地にはかなりの数のトラブルが潜んでいます。買ってからしかわからない事ばかりなのでしっかりとしたリサーチが欠かせません。

PR|内職 アルバイト|マッサージのリアル口コミ.com|生命保険の口コミ.COM|JALカード|住宅リフォーム総合情報|工務店向け集客ノウハウ|SEOアクセスアップ相互リンク集|童話|英語上達の秘訣|英語上達の秘訣|アフィリエイト相互リンク|生命保険の選び方|ショッピングカート|初値予想|心の童話|貯蓄|クレジットカードの即日発行じゃけん